なぜコーヒーは賭けに良くないのでしょうか? 

集中力を保つためコーヒーやエナジードリンクを飲むは良いことだと何かで読んだことがあるかもしれません。しかし、記事では、コーヒーを飲むことは、賭けを間違った方向に進ませてしまうということを指摘していきますそれはどうしてなのでしょうか?その理由を探ってみましょう。 

俳優のブラッドリー・クーパーが主演する映画リミットレスをご覧になったことはありますか。映画の中で、主人公は魔法の薬を飲んで気分を良くし、信じられないような能力を発揮します。コーヒーやお酒は、人気持ちよくさせる刺激物です。ですが、カジノに行ってスポーツベットをしようと思う時はコーヒーやお酒を飲んでも賭けに有利にはならないので、やめた方が良いでしょう。 

これらの飲み物は思考回路に影響を与え、結果的に賭けに負けてしまうかもしれません。 

アルコールは脳を活性化させると考える賭け最中にコーヒーを摂取することに関する以下の専門家の分析をまれた後に再考することをお勧めしますカフェインはエネルギーを高める効果がある一方、意思決定能力に影響を及ぼします。 

ケンブリッジ大学とシカゴ大学が行った研究によると、カフェインを摂取する人は、より勝率の悪い賭けをしたり、より高いリスクを背負いやすい傾向にあります『Addictive Behaviors』(嗜癖行動)と題され英国の出版社『The Sunにより発表されたこの研究は、ギャンブラー問題の60の実例について調査しておりその実例の1としてカフェイン摂取について取り上げています本研究の結論は、賭け事の最中にカフェインを摂取する人は、勝率の悪い賭けをする確率が5%高くなることを示しています。 

「カジノに行けば、より多くの人が気分を盛り上げるためにお酒を飲みたいと思いますしかし、彼らはアルコール摂取が思考回路に与える影響について気付いていません。またコーラやコーヒーのようなカフェイン入り飲料を飲むことにより、集中力を高めることはできません。賭け事の戦略や決断を下すのに適した状態にはならないのです。ですから賭け事の最中にコーヒーを摂取するギャンブラーは結果的に賭けに負けてしまうのですと、シカゴ大学の研究者であるジョン・グラント博士は、ギャンブラーがカジノに行く場合には、アルコールやカフェイン飲料を摂取しないほうがよいと助言しました 

これらのことから、カジノに行く予定がある人は、コーヒーを飲まないようにしましょう。カフェインを摂取すると賭けに負けてしまいます。良い心の状態を保ち、良い勝ち方を知ったうえでカジノに行きましょう。 

勝率を上げたいのであれば、カフェインを摂取しないようにしましょう。コーヒーやお酒を飲まずにギャンブルをしましょう。カフェインの摂取量が増えると判断力が鈍くなります。 

賭けを行う時自分が賭けるチームについてきちんと調べておくこと重要です。十分な情報を得た上で最良な判断ができるようにしておきましょう。ギャンブルは確率のゲームではありますが、きちんとした研究をすれば勝率は上がります。 

初心者は、研究をせずただ単に自分のお気に入りの人やチームに賭けてしま、賭けに負けてしまいます。運は常にあなたの「お気に入り側にあるわけではありませんので、盲目的に自分の好きなチームに賭けることは最善の策ではありません。ぜひこのような間違いを犯すことなく、スポーツベッティングに関する最善の知識を持って下さい。 

そしてこれだけは必ず覚えておいてください。飲んで運転してはいけません。運転中にメールしてはいけませんそして、飲んで賭けてはいけません。 

スポーツベッティングは、心が良い状態の時であっても非常に混乱します。酔っているときには賭けないようにしましょう。心がよい状態にない時に賭けをするのはやめましょう。 

そして酔っている時は、大きな金額を賭けないようにしてください。そして翌日必ず後悔するような間違いを犯すリスクを取ることはしないようにしましょう。